ラブ・レター *あさのあつこ


ラブ・レター (あさのあつこコレクション)
新日本出版社
あさの あつこ


Amazonアソシエイト by ラブ・レター (あさのあつこコレクション) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




これ、教科書に載ってた気がするんだけど……違うかも。。
自分が好きだったのかな、小学生のときに何回も読んでいた記憶があります(・∀・)

図書館で偶然見つけて、思わず借りてきてしまいました。

内容
 小学5年生の愛美は、席替えで隣になった楽くんのことが気になり始める。
 その頃クラスではラブレターがはやっていた。
 愛美もレターセットを買って楽くんに書こうと思う。
 「楽くん、夕焼けがきれいでしたね。見ましたか。
 わたしは朝より夕方が好きです――」



当たり前だけど、自分が小学生だった頃とは、感想が全然違いました。
やっぱり今読むと、愛美ちゃんが初々しくて///
初めて読んだのは愛美より小さかったときだから、なんだかお姉さんに思えたんだけど。
ほんとは可愛らしい話でしたww

愛美の手紙は、何でもないことを書いてるのに、気持ちがたくさんこもってて素敵な手紙でした。
誰かに伝えたいと思いながら毎日を過ごすと、ちょっと見方が変わるのかなって思います。

そして楽くん、いい男だよ!!こんな子いたら手紙書きたくなる。

愛美の姉・珠美と彼氏の直人。すごく大人っぽく感じました。愛美視点で話が進んでいくから、余計にそう見える。
小学生からみた高校生って大人なんだよなぁ…と改めて思い出します。実際に自分が高校生になると、全然そんなことないんだけど。


今はほとんどがメールで済んでしまうけど、こうやって手紙を書くっていいことだと思います。こういう手紙、貰ったらもちろんうれしいけど自分が書くのも楽しそうです。

かわいいレターセットを買って大切な人に手紙を書きたくなる、そんな話でした。

この記事へのトラックバック