コロコロした笑い声

読んだよ。

疲れたよ。(笑)

1冊で2時間近くかかったし。
普通…たぶんあんな文庫本なら1時間切ると思うんだよなぁ。。

下地になる人名地名がまったく頭に入ってないからねぇ。
いちいち止まって覚えなきゃいけないのがネック。

覚えづらい名前ばっかりだしさぁ(泣)
新右衛門でも土左衛門でもなんでもいいし。

苗字と役職だけ頭に入れたのに、専ら下で呼ばれてたりさ。
長い名前頑張って覚えたらすぐ死んだりさ。

あと長男に三付けるのほんとやめて…
ゲン担ぎとか心の底からどうでもいい。

まぁ、うん…。
確かに面白かった。のは、認めます。
悔しいけど。(笑)

これは小説でも頭使うね。
そして絶対長くはまれる。
シセラ軍にテンション上がるのも分かるよ。

ただねぇ。全12巻。。
躊躇させるにはじゅーぶんな巻数…
しかも一冊2時間>_<
途中で止めたら名前わかんなくなる自信がある。

どうしようかなぁ。

私は3ヶ月かかるとは言わないけどね。
あの方みたくお忙しくもないし。

でもハマると他のこと出来なくなるだろうねぇ…
もうちょっと迷おう。

…と、言いつつ次行ったら借りる気がする。
書庫にある分を出してもらう頃には思いとどまれるかな?

そして。ちょっと突っ込みたいんですが。
1ページ目からあのシーン(笑)
よく続きをお読みになりましたね(笑)

私も慣れちゃってるからスルーだけどさ。

歴史物でもあの導入ありなんだな…と変なとこ興味深かった。
あれバレたら絶対また怒られるよ~(笑)

この記事へのトラックバック