13歳の黙示録*宗田理

この、ただの備忘録ブログを読んでる人がいるか知らないけど。

万が一検索で辿り着いた未読のかたはUターンをお願いいたします。
核心的なネタばれをしております。



こわい…こわすぎる…

なぜこれを借りてきたのか。


宗田理さんてさ。
七日間戦争のヒトでしょ?
なんでいきなりこんな、、

後ろの粗筋に怖いって書いといてよ!←

続編があるらしい。
うん。もう。いいゎ。

展開的に、これ絶対婚約者ヤバいパターンじゃ?と思って、できるだけ婚約者に感情移入しないように読んでたんだけど……
まさかの主人公死す。

主人公死ぬのとか1番やめてほしいんだよ…

無意識に感情移入するし距離近くなるし
ダメージ大きすぎるよ
重傷とかじゃダメだったわけ?

しかも何も報われない真相。
Y!もうちょっとうまくやってくれ!!…違うけど。

こわすぎるよーーーー

まあ、あの、宗田さんらしく、読みやすかったです。
その前に池波さんを読んでたので尚更(笑)
ページが進む進む。
あっという間に終わったよ。
でもね。戦国時代を払拭したくて、寝る前にもう一冊手に取ったのに。
もっと後味が悪い。
変な夢見るよ。。

しかもこれ以外に借りてきたのが今日よりによってアレックス・シアラーの、怖い本。
それ読んで寝る気にはならんなぁ。
缶詰工場の…ぁーーー>_<思い出し怖い。
(それもなぜ借りたんだ…)

最近どうしてこうも失敗が多いのか。
虐待だのイジメだの。
しかも救いようない系。
たまにはそういうのの、感動系が読みたくなって借りるんだけどなぁ…
ことごとく裏目にでる。

もう、大人しくハッピーバースデーでも借りようかなぁ。

何読んでるんですかってねえ(笑)
本当、言えるようなもんじゃないよ。色んな意味で。

言えないといえば、一巻につき一回はあるあのシーンは何なんでしょうか。
5巻のは本当に、私でさえ、気分悪くなりましたよ。
慣れてるから比較的スルーですけど。あれはちょっと本当に。

返す返すも…よく、勧めてくれはりましたね。

この記事へのトラックバック