テーマ:小説

いまさら翼と言われても*米澤穂信

再読。図書館で借り直し。(←米澤様ごめん…文庫で揃えてるもんで>_<) というかなぜ初回感想書いてないのか…???書いたと思ったんだけど。 箱の中の欠落 里志と夜の散歩。 生徒会会長選出選挙にて、投票数が生徒数を上回る。ハウダニット物。 まぁ…よく食べますね。笑 個人的にこういう付かず離れずな友情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしこのままでいいですか?

絶対駄目だろぅ(笑) 読み切ったーー 達成感と敗北感…。また一歩踏み出してしまった>_< 気をつけた方がいい、じゃない! 誰のせいだよぉーーー変なことばっか教育してーー たしかにはまったけどね。うん。あれは…ツボ。 分かられてるのもまた口惜しい。 けど好きすぎるゎ。 こんなのが世の中にあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13歳の黙示録*宗田理

この、ただの備忘録ブログを読んでる人がいるか知らないけど。 万が一検索で辿り着いた未読のかたはUターンをお願いいたします。 核心的なネタばれをしております。 こわい…こわすぎる… なぜこれを借りてきたのか。 宗田理さんてさ。 七日間戦争のヒトでしょ? なんでいきなりこんな、、 後ろの粗筋に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロコロした笑い声

読んだよ。 疲れたよ。(笑) 1冊で2時間近くかかったし。 普通…たぶんあんな文庫本なら1時間切ると思うんだよなぁ。。 下地になる人名地名がまったく頭に入ってないからねぇ。 いちいち止まって覚えなきゃいけないのがネック。 覚えづらい名前ばっかりだしさぁ(泣) 新右衛門でも土左衛門でもなんでもいいし。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある少女にまつわる殺人の告白*佐藤青南

いやぁーーー>_< こわいこわいこわい>_< 何て時間に何てものを読んでしまったのか>_< タイトルでやめよう自分‼︎>_< こういうのって、フィクションなら後味良く終わるの多いじゃん… 最後まで読んだらきっと。。と思ったら完璧突き落とされた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽気なギャングは三つ数えろ*伊坂幸太郎

わざわざAmazonで予約してしまった… カレンダーにまで書いて楽しみにしてて。 初めてだよ~予約してまで発売日に買った本なんて^_^; ま、1日過ぎましたけどね。 この時ばかりは田舎暮らしが嫌になる。 そして、折角お昼に届いたのに、仕事行かなきゃなんなくて>_< 休み取るんだったー!!と本気で思ったよ…(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火星に住むつもりかい?*伊坂幸太郎

ああああ>_< もうやだ 泣く なんでこれを深夜に読んだ自分… 第一部読みかけて怖すぎて、ここで終われない!!と頑張って続き読んだんだけど、、 最後まで行っても変わらなかった…>_<… 今本気で手が震えてる。 そしてとてもお手洗いに行きたい。 恐怖!!!!!! 魔女狩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月曜日の水玉模様*加納朋子

《いつもと同じ時間に来る電車、その同じ車両、同じつり革につかまり、一週間が始まるはずだった―。 丸の内に勤めるOL・片桐陶子は、通勤電車の中でリサーチ会社調査員・萩と知り合う。 やがて2人は、身近に起こる不思議な事件を解明する〈名探偵と助手〉というもう一つの顔を持つように...。 謎解きを通して、ほろ苦くも愛しい「普通」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舟を編む*三浦しをん

単行本時代からずっと気になってた。 財政難のため、文庫待ち… 良いお客じゃなくてすみません>_< でもせめてもの思いで、立ち読み我慢したし、 正規の値段で買ってますので!! でも、装丁は単行本の方が良いなぁ。 ≪辞書作る人の話≫ 最初の辞書なんか知らないよね…。 意味は分かるけど普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リカーシブル*米澤穂信

《引っ越した町は母親の生まれ故郷。 新しい町で馴染もうと努力するわたしの横で、 弟のサトルは「予知能力」を発揮しはじめ…》 ……怖い。 ぁー米澤さんだぁ。と思った。 なんていうか、とにかく暗すぎる。 家族の事情、町の事情…明るいものなに一つなし。 全体の天気がどんより灰色ってイメージ。 ボトルネックとか犬はど…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

陽気なギャングの日常と襲撃*伊坂幸太郎

《ギャング続編。 それぞれの日常とトラブル、そして奇妙な連鎖…》 前回でハマらないと難しいかな? 掛け合いがメインで、わたしはすごく良かったけれど。 スピンオフの…こちらも、小説というより映画みたいです。 ・俺の仕事はせいぜい、責任を取ることくらいなんだ 恰好よすぎる~☆ ・嘘と知ってるのにフォローして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽気なギャングが地球を回す*伊坂幸太郎

《人間嘘発見器 成瀬、演説マスター 響野、 スリの天才 久遠、体内時計持ちの紅一点 雪子… 百発百中の銀行強盗グループがある時事件に巻き込まれる》 伊坂さんの話はいつ読んでも文句無しです(*^^*) これはかなり初期に読んだはず… まだそんな有名じゃなかったんだよー…という微妙なきもち。 有名になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波打ち際の蛍*島本理生

《元彼のDVからカウンセリングに通っている女性と、 そこで出会った男性との話。 心は惹かれても身体は受け付けない、それでも恋愛が始まっていく》 麻由ちゃん可愛い(^-^) 語り口が素直で、あぁ良い子だってすぐに思う。 あとは島本さん作品の典型だなぁと。 蛍が謎なくらい良い人で。 そして、さとるくんが更に良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂漠*伊坂幸太郎

《大学生たちの物語》 ↑紹介終わり…(笑) いいなぁ、大学生。 毎日楽しそうで、こんなふうだったら大学行けばよかったなと…ちょっと思う(^-^) ・北村。好き。「ええと、横浜のどこ?」 ・確率と中国語の研究(笑) ・空は青く、海は広く、西嶋はびり ・恥ずかしそうでもなく「内緒だから」 ・客相手に合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイニー・タイニー・ハッピー*飛鳥井千砂

《タイニー・タイニー・ハッピー、略してタニハピ。 ショッピングセンター内で交錯する人間模様。》 連続短編集というか、1つの話の脇役が次の主役に・・的なパターン。 この構成からすごく好みです。 最初読んだときには自分もショッピングセンターで働いてたから、 ツリーとかフードコートとか、雰囲気が想像しやすくて一層…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボトルネック*米澤穂信

ぃゃぃゃぃゃ... 怖いって ボトルネック (新潮文庫)新潮社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 何、ちょ、後味悪すぎるよ これはまじでやばい。。 冗談じゃなく鬱になる 自分が生まれなかった世界では、 家族の仲も良く、近所の店も潰れず。 そのレベルで充分に衝撃だし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わってく事、変わらずにいる事

今日は楽しかった 大好きだなーっていつも思ってますけど(・ω・`)照 いつだって丁寧なとこ、すごいなって思う。 さてさて。 話題変わりまして ナラタージュ。 感想書いてたと思うんだけど。。 一番読んでる本。 この本に挟んであった栞が、 『何を読んでもあなたが出てくる』 なんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔王*伊坂幸太郎

「せせらぎ」つながりで(笑) ↑作品に失礼すぎる、、 魔王講談社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by 会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。 3年以上前だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏が僕を抱く*豊島ミホ

「あー欲しいなぁ、幼馴染」 帯に書いてあったそのとおりの感想。 夏が僕を抱く (祥伝社文庫)祥伝社 2012-07-25 豊島 ミホ Amazonアソシエイト by ゆっくりと遠ざかり始める、夏休みの記憶と、君。 淡くせつない、おさななじみとの恋を描く最新短編集。 本当、いいなぁー☆ 幼馴染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

儚い羊たちの祝宴*米澤穂信

米澤さんの本は、セリフが軽快だったり伏線が見事だったりで結構好きです。 儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)新潮社 2011-06-26 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 優雅な読書サークル「バベルの会」にリンクして起こる、5つの事件。 恐るべき真相はラストの1行に。衝撃の暗黒ミステリ。 面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏への扉(新訳)*ロバート・A・ハインライン

夏への扉[新訳版]早川書房 ロバート・A・ハインライン Amazonアソシエイト by 訳変えて再読。 図書館で見つけて借りてきました。 何度読んでも面白い話です。 新訳は新訳でいいかな。 旧の方を繰り返し読んでたので、がっかりするかなぁと思ったりしたんですが、全然そんなことなかった。 もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死神の精度*伊坂幸太郎

死神の精度 (文春文庫)文藝春秋 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by 誰が死のうと、私には関係もなければ興味もない。 けれど、私は今日も、 人の死を見定める為にわざわざ出向いてくる。 なぜか? 仕事だからだ。 クールでちょっとズレてる死神、千葉が出会った6つの物語。 伊坂作品で1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートソング*枡野 浩一

ショートソング (集英社文庫)集英社 枡野 浩一 Amazonアソシエイト by ――あらすじ―― ハーフの美男子なのに内気で、 いまだチェリーボーイの大学生、克夫。 憧れの先輩、舞子にデートに誘われたが、 連れていかれたのはなんと短歌の会!? しかも舞子のそばには、メガネの似合うプレイボーイ、 天才歌人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏への扉*ロバート・A・ハインライン

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)早川書房 ロバート・A. ハインライン Amazonアソシエイト by どうでもいいけど、「・A・」が顔に見えて可愛い。 珍しくSFです。 こういうSFもあるんですねー☆ 星新一みたいなのばっかりかと思って苦手だったんだけど、こんなのならもっと読みたいです。 内容  飼い猫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日傘のお兄さん*豊島ミホ

日傘のお兄さん (新潮文庫)新潮社 豊島 ミホ Amazonアソシエイト by 不思議な感覚にさせてくれる話でした。 表題作では「―なっちゃん」というお兄さんの声が聞こえるような気がして なんとなく怖かった。  内容(「BOOK」データベースより)    今でも鮮やかに蘇る、あの竹やぶの家。    幼い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檸檬のころ*豊島ミホ

檸檬のころ (幻冬舎文庫)幻冬舎 豊島 ミホ Amazonアソシエイト by さわやかな表紙です。 最初の「タンポポのわたげみたいだね」の話を前にアンソロジーで読んで、『檸檬のころ』、読みたいなぁと思っていました。 内容  高校を舞台にした連作短編集。  基本は生徒、そのほかに教師、商店、下宿などの  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨と夢のあとに*柳美里

雨と夢のあとに角川書店 柳 美里 Amazonアソシエイト by 柳さんの本で珍しく大丈夫な本。 ゴールドラッシュとかほんとダメだし、エッセイも考え方がちょっと怖い感じで、好きだけどあんまり読めないんだけど。 これはまあなんとか、怖くない部類です;  内容(「BOOK」データベースより)    蝶の撮影旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋季限定栗きんとん事件(下)*米澤穂信

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by これって上下で表紙つながってるんですよね。並べて見てるとなんとなく不穏な感じ。 セーラー服の小山内さん、可愛いです// 内容  新聞部部長の座を手に入れた瓜野君。  連続放火の謎を解いたと意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋季限定栗きんとん事件(上)*米澤穂信

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 今回は夏季限定より更に長編化してます。 上下巻になるとは(・0・*) 内容  去年の夏休み、ふたりは小市民パートナーを解消した。  それぞれに彼氏彼女と呼べる存在ができ、  お互い別々に高校生活を送る日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキップ*北村薫

スキップ (新潮文庫)新潮社 北村 薫 Amazonアソシエイト by なぜかいつも高いところにある本です。 ……意味判んないですねー。。 最初に読んだのは中学の図書室で。装丁が面白いなぁと思って読んでみたくなったんだけど、棚の一番上にあって手が届かなくて、本棚によじ登って取ったという(・ω・*)司書の先生に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more